自分が何に不安や心配を感じるのか理解しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しい事や好きな事ならいくらでもできるのに、仕事や勉強だとどうしても動き出す事ができない方がいます。やらなきゃいけない、よしやろう!とエネルギーはあるのに体が動いてくれない。なんだか見えない壁に阻まれているようです。

こんな時は不安や心配が心に引っかかり、行動にブレーキをかけているのかもしれません。客観的に自分の状況を見つめ直して、何が原因なのか探してみましょう。


知らない事はみんな怖い

どんなに強そうな人でも賢そうな人でも、初めての事に取り組む時は恐怖や不安を感じています。これは人間の根幹に根ざしている反応ですのでどうしようもありません。しかし知らない事に恐怖を感じている状態は健全であるとも言えます、あなたが変なわけではないので安心して下さい。私も一緒です。

でも新しい事や知らない事にチャレンジするのが大好きな人もいます、そういう人はとても心配や不安を感じている用に見えません。ワクワクと楽しそうにしています。こういう人達はワクワクした楽しみな気持ちが、不安や心配などのネガティブな感情を塗りつぶしているのです。ネガティブを自覚できない程ワクワクできるなんて、羨ましい能力です。

実はネガティブな感情を吹き飛ばすもう一つの方法があります、最大級の大失敗をした時にどんなデメリットがあるかを想定する事です。最低の結果を正しく把握すると、心の負担に感じている不安や心配の大きさと全然釣り合っていない事に気づくでしょう。

新しい資格をとるための試験に失敗しても、資格取得日が延びるだけです。費やしたお金や時間はあなたの血肉になっています。ダイエットに失敗しても誰も怒りません、むしろ自分に合うダイエット方法を探す機会になるでしょう。

チャレンジの結果が大失敗でも、あなたの人生に取り返しのつかない影響を与える事は稀です。失敗したらどうなるか、ちょっと考えてみて下さい。

まずは相手を直視してやる

彼を知り己を知れば百戦危うからず。大昔の中国のことわざが現代でも使われているなんてすごいですよね。きっと過去に数え切れない人々が、困難を乗り越えるためのヒントを得てきたんでしょうね。不安や恐怖感で行動を起こせない人々にもきっと役立つハズです。

まずはあなたが取り組もうとしている「そいつ」をじっくりと観察してやりましょう、直視するのは怖い事ではありません、見えないから怖いんです。

取り組む為にかかる時間はどれくらいかかるでしょうか、お金もかかりますか?人の力を借りなければ達成できないのか、自分の努力だけで実現可能か。成功した時はどんな物が得られるんでしょうか、失敗したら何を失いますか?経験者から話は聞きましたか?体験談をネットで探しましたか?図書館や本屋さんで関連書籍は調べましたか?

相手を知る方法は無数にあります。最初から頭の中で想像するのはちょっと早いのです、こうやって調べてまずは十分に知識を得ましょう。知識さえ充分にあれは、失敗のリスクや成功のリターンは簡単に想像できるようになってきます。

モヤモヤとした不安感が晴れて、輪郭がはっきりした目標を認識できるようになります。

知るだけで不安や心配は克服できる

まごまごしていた時と比べて、不安や心配な気持ちはどうなりましたか?

最初に比べて随分と小さくなってきていませんか?何も知らずに自分の頭の中で生み出していたネガティブ感情は、あなたが相手を知るという行動を行った事で大きく改善されるのです。

繰り返しになりますが、見えないから怖いのです。

見えない箱の中に手を入れて何が入っているか当てるクイズ怖いですよね、あれが透明な箱だったらどうでしょうか。お化け屋敷なんかも怖いですよね、でも天井を取り払って、晴れの昼間に上から見ても怖いでしょうか。お化け役の方が暇でスマホを弄っているかもしれません。

知る事は誰でもできます、いつもポケットに入っている携帯電話でできます。フリーのwifiを探せば通信契約をしている必要すらありません。

怖かったのはあなたが悪いわけでも、取り組む物が悪いわけでもありません。相手の事を知るという手順一つ抜かしてしまっただけなのです。

ぜひ恐怖心を克服して、目標達成の感動を味わって下さい。

まとめ

チャレンジへの心配や不安の原因は、対象を良く知らないから。

あらゆる方法で情報を集めよう。

十分に知る頃には怖さはほとんどなくなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。