シミュレーション

【孤独のピクセル(Lonely Pixels)】タップする指が止まらない!ピクロス風ドット塗り絵に夢中になるぅ

2016/11/29

ドット絵を打つ楽しさを疑似体験できる!ドッターさんってすごいんだなぁ

孤独のピクセルのオープニング
孤独のピクセルの問題01

【定番のりんご、ぽちぽちドットを打つのが楽しい】

さらっとシンプルなんだけどなんだか止められない、色塗り(ドット打ち)ゲームを紹介しますですよ。ピクロスパズルって知ってますかね?ピクロスから周りの数字をなくしてカラフルにしたような感じで、何が描かれているかを想像しながらドットを打っていくゲームです。

正誤の判定は勝手にやってくれるし間違ったペナルティーもないので、正に打つべし!状態で一心不乱にドットを打っていきましょう

スポンサーリンク

googleアドセンス

操作感はピクロスパズルに似てる!でも本質は塗り絵で考える必要なし!

色を選んでタップするだけ、間違ってもペナルティはなし!

孤独のピクセルの問題02
孤独のピクセルの問題03

【何が出てくるかなーっと想像しながら打つべし!】

最初の1ピクセル分は色が塗られた状態でゲームが始まり、色の付いたマスをタップする事でペンキの残量を増やす事ができる。ペンキの残量分だけ、未塗装のマスを塗る事ができるぞ。

すべてのマスに色を塗るわけではなく、白のままが正解のマスも多くある。何の絵が隠されているかを予想しながら、色を使い分けて隠されたドット絵を探していこう。

問題のサイズは2種類、17×17と34×34!

孤独のピクセルの問題04
孤独のピクセルの問題05

【34×34サイズは絵が4分割されているので、ちょっぴり難しめ】

問題数は多くなく17×17サイズが10問、34×34サイズが3問だけだ。難易度も難しい物は無いと思うので、ヒマな時間に楽しむには丁度良いだろう。34×34サイズは4倍のボリュームがあるので、完成した時の達成感はなかなかのモノがあるぞ。

無心でドットを打ち続けて、止められない止まらない状態に!

実際にドット絵を打つのはゲームとは比べられないくらい大変だと思いますが、ちょっとだけ自分もドット絵を描いてみたいな~っと思ってしまいました。本物のドッターさんの作品は超絶すごいんですよ。

ドッター気分を疑似体験できますよ~

app storeへ移動 google playへ移動

-シミュレーション
-, ,

googleアドセンス

googleアドセンス